七夕の由来

七夕は、中国の伝説から生まれた

tanabata123
昔むかし、中国に、織姫と彦星がいました。織姫は天帝の娘で、美しい布を織ることができる機織りの名人でした。一方の彦星はまじめで勤勉な牛飼いでした。二人は恋に落ち夫婦になりましたが、お互いのことに夢中になりすぎて、仕事に身が入らなくなってしまいました。そこで怒った天帝に、年に一度・7月7日にしか会えないようにされてしまったのです。これを七夕伝説といいます。二人が逢瀬を楽しむ日に願いごとをすることで、喜びのおすそ分けとして願いが叶うとされています。
七夕の由来をもっと詳しく知りたい人はこちら

短冊の歴史

短冊に願いごとを書くのはなぜ?

tanabata_history
今では七夕に短冊はなくてはならないアイテムとなっていますが、昔、七夕の行事が始まったばかりの頃の日本では短冊は飾られていませんでした。その頃七夕の飾りとして使われていたのは、五色の糸です。
七夕の主役である織姫は機織りの名人であることから糸を飾り、機織りや裁縫の上達を願いました。当時の日本では、機織りや裁縫の腕は女性にとってとても重要なことだったのです。その後、時代が進むにつれ、糸から布へ、そして紙の短冊を飾るようになっていきました。紙の短冊を飾るようになると、当時貴族が行っていた「紙に和歌を書いて木の枝に吊るす」という風習とあいまって、短冊に願いごとを書くようになりました。
短冊の歴史についてもっと詳しく知りたい人はこちら

日本の七夕祭り

日本の四大七夕祭りとは?

sendai_tanabata_fes

七夕祭りは7月7日当日だけでなく、新暦の7月7日 ~ 旧暦の8月7日の間、日本の全国各地で開催されています。
なかでも、日本の四大七夕祭りと言われているのが、「仙台七夕まつり」(宮城県仙台市)、「湘南ひらつか七夕まつり」(神奈川県平塚市)、「安城七夕まつり」(愛知県安城市)、「一宮七夕まつり」(愛知県一宮市)の4つです。太平洋戦争後、復興の願いも込めて盛大に行われるようになり、どのお祭りも毎年100万人の人が訪れています。
全国の七夕祭りの情報を調べたい人はこちら

世界の七夕祭り

アジアの七夕

China_tanabata

七夕は元々中国の行事であるため、広くアジア圏でお祝いされています。
中国ではお香をたき、果物や伝統的な小麦粉の菓子、花を供えて手芸の腕前上達を願うお祭りになっています。台湾では七夕は織姫の誕生日とされ、地域によってはこの日に成人式を行うのだとか。近年ではどちらの国でも、愛を忘れず年に一度会う神様カップルの行事ということで、日本のバレンタインデーのように恋人や愛する人にプレゼントを贈るというイベントも行われているようです。
韓国では、離れ離れでも愛し合う織姫と彦星を「永遠の愛の象徴」としていて、古くから恋人同士がプレゼントを贈り合う日。近年では、家族や友人といった親しい人にもプレゼントを贈る日になっているようです。

ヨーロッパの七夕

Europa_tanabata1
フィンランドでは、こと座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(彦星)は、ズラミスとサラミという仲良し夫婦の星です。夫婦は死んだあと星になって離れ離れになってしまいますが、再会を目指して星を集め、二人の間に橋を作りました。その橋が天の川。日本とはちがい、星の集まりは川ではなく、夜空に浮かぶ橋と考えられています。千年もかけて橋を完成させた二人は再会し、今も夜空で輝きながら仲良く暮らしているそうです。

アメリカやブラジルの七夕

Los Angeles_tanabata_fes
アメリカではロサンゼルスで毎年七夕祭りが開催されています。また、ブラジルは南半球であるため、冬の風物詩として七夕祭りが定着しています。どちらの国も、仙台七夕まつりから技術協力を受け、大きなくす玉や吹き流し、花飾りなどが並ぶ華やかなお祭りとして親しまれています。

身近な七夕祭りの情報を調べたい人はこちら

七夕を家で楽しむ方法

手作りで七夕を楽しもう

tezukuri_tanabata
七夕祭りに行けなくても、家でお金をかけずに七夕を楽しむことができます。七夕飾りを手作りしたり、短冊に願いごとを書いて飾り、行事食であるそうめんを食べましょう。小さい子どもがいる家庭では、「たなばたさま」の歌を一緒に歌うのもいいですね。また、短冊に書いた願いごとについて、家族と話し合うのもいい機会となるでしょう。
七夕飾りに込められた意味
七夕にそうめんを食べるのはなぜ?
七夕の歌「たなばたさま」の歌詞と意味