社会に関わる問題を、
すべて政府に任せる時代は終わりを告げ、
年々、それを補完しあるいは
彩りを添えているのが企業・個人である。

先進国で、超高齢化社会の
先頭を走る日本は、顧客のニーズが、
多様化・細分化・複雑化していることから、
政府は、個々の潜在・顕在ニーズを
調査し、向き合い、解決を図ることは
莫大な時間・労力・資本が必要となり、
すでに限界であることを、私たちは知っています。

Dollarphotoclub_76296950

他力本願では、問題が積み上がり、
問題が悪化する一方だと
一人ひとりが自覚し、
一人ひとりが理解し、
一人ひとりが行動しなくては
いけない時代である。

みんなが、幸せになるために、
ひとりひとりが、情報をいち早く発見し、
知識をいち早く価値に変えて、
知恵をいち早く提供すべく
2016年7月7日に、非営利組織に
こだわり「七夕協会」を発足させました。

なぜなら、損得勘定でなく、
善悪勘定で動く組織だからです。

なぜなら、自利主義でなく、
会員組織のための組織だからです。

tanabatamember

「全会員の物心両面の幸福を追求すると同時に、全世界・全生命の進歩・発展に貢献し続ける」

そのため当協会は、
みんなの現実の願望(夢・喜び・悲しみ)を
七夕の時期(7月〜8月)の、最大の機会として、
義務なく、教育なく、自然に、「欲求」を知り、「価値」に変え、「創造」するための一企業に過ぎません。

私たちが、ミッションを綺麗な言葉を並べたものではなく、行動本位たるものになった場合
私たちは、七夕行事がなくならない限り、私たち組織が理念に生き続けられる限り、
美しい花や木のように、未来・永続的に、世界をより良くし続けることができます。

八紘一宇の精神から、
全世界の可能な限りの全生命から、願望をIT・短冊を通し集め、
消費者から現実的な欲求「本当に困っていること」「本当に望んでいること」を収集・集計・分析し、
その全貌を、国民・企業・世間に明らかにし、その問題解決を図るために、自力・他力・釈迦力も重ね、
みんなで、力と心を1つにし、世界・地球をより良くしていく精神を取り戻すことこそ、本来の目的です。

japan-fuji